2015年09月01日

滋賀県立膳所高等学校 人権学習

8月3日~4日にかけて、膳所高校から人権学習に来ました。高校1年生の人権委員23名、教員13名がエルファを訪れ、まず南珣賢事務局長より「現代の在日コリアン問題について」講義をしました。ある学生は「国家間ではいろいろな問題があるが、相手えお理解し真の共生を目指すにあたり自分たちができることはあるか?」など人権意識の高い質問がたくさんありました。学生たちの研修への参加意欲や学ぼうという姿勢から、膳所高校人権委員会の活動がとても素晴らしいものだと感じましたぴかぴか(新しい)
その後、ハナマダン東九条の利用者さんたちと交流しました。
在日コリアン1世のハルモニ(おばあさん)の故郷での話や、日本に渡ってきて苦労をした話など聞いている学生たちの姿はとても真剣で、「今日ここに来れて皆さんと会えてとてもうれしかった。また来たい。」と話してくれました。
「国と国」ではなく、「人と人」の出会い。その出会いで感じたことが「真実」であること。
来年もお待ちしてますわーい(嬉しい顔)

KAZ_7206.JPG

KAZ_7261.JPG

NAK_1024.JPG
posted by NPO法人京都コリアンセンター「エルファ」 at 17:02| 法人全体 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。